家庭で排水管の水漏れが起こったら

家庭で排水管の水漏れが起こったら 家庭内では様々な場所で水道水が使われており、それに合わせて給水管と排水管が張り巡らされています。いろいろな設備には常に水が流れており、設備からの廃出物の混ざった水が排水されるため、経年の劣化も激しく、排水管 水漏れといったトラブルに繋がることも少なくありません。まず、水漏れを発見したらどこが原因かを調べる必要があります。はっきりと水たまり等が見つかる場合は、それがどこから出ており、どういう原因かをチェックすることになりますが、建物の内部から漏れている場合はなかなかわからないことがあります。この場合は家庭内の水道をすべて止めて水道メータの動きをチェックします。この時メータが動いていればどこかで漏れているということになります。しかし、個人ではそれ以上の作業は難しいので水道工事業者に連絡する必要があります。トイレ、お風呂、キッチン等の周辺で目に見えて起きた時は、それが設備から流れる排水によるものか、設備に流れ込む給水によるものかが最初の判断のポイントとなります。給水によるものの場合は水道工事業者の領域であるため、まず元栓を止めて水道屋さんに依頼することになります。また屋外などで漏水しているような場合はこれが水道メータを境にして道路側か宅地内かで対応が異なります。水道メータより外側の場合は市の水道局の責任範囲であり自治体の対応になるので水道局お客様サービスセンターに連絡する必要があります。ここでは水道メータより内側で排水と分かった場合の対処方法をまとめます。

■排水管の水漏れの発見とチェック方法

ここでは一番多いトイレ、洗面所、キッチン等での設備での排水管の水漏れのチェック方法について紹介します。水漏れの原因は排水管のつまりや異常が多いのですが、つまりが原因の場合は排水口に水があふれだし水を流しても流れない状態になり、直ぐ分ります。また洗面所の台の下のように排水管を目で確認できる場合は簡単にチェックできます。トイレの場合は複雑な構造でありあちこちで水漏れの起こる可能性があり慎重にチェックする必要があります。

■個人での対処法
排水管の水漏れの原因としてよくあるものは排水管に廃物が詰まるというものです。廃物の例としては髪の毛、糸くずなどが多いですが、長年の利用によりカビや洗剤かすなどがヘドロになったものが排水管にたまり、流れを悪くしていてちょっとしたことで物が詰まることもあります。この場合はまずお湯や洗剤を混ぜた水を流して洗浄したり、ワイヤーのようなもので排水口から詰まったものを取り出したり、押し込んだりすることで直ることもあります。また排水管の一部を外せるときはそれで解決する場合もあります。それ以上になるとやはり水道工事業者の協力を得る方がいいでしょう。

■水道工事業者への依頼

水道の給水部の工事はすべて自治体ごとに指定された工事業者が行うよう法律で定められています。水漏れに関してもこの業者に依頼するのが賢明です。これらの業者は自治体ごとにホームページで公表されており、わからない時は水道局お客様サービスセンターで紹介してくれます。またインターネットで全国的なサービスを提供している業者もあり、相談すればその地域の自治体指定の水道工事業者と協力して対応してくれます。また当面の対応処置だけでなく老朽化した部品の交換や水垢等の洗浄などのメンテナンスにも対応してくれます。

■まとめ
水漏れは家庭内のいろいろな場所で起きます。まずはどこから漏れているかを特定する必要があります。そして個人の範囲で対処できるか否かを判断し、無理な場合は水道工事業者に依頼することになります。この手順も起きる場所、設備により異なります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース